March 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017年のiphoneSEケース事情

iphoneSE用のケースのラインナップが非常に寂しい。

 

iphoneSEはマイナーなのだろうか。

自分はiphone6以降の丸っこいデザインがどうも好きではなく、5からSEに買い換えている。

SE発売時は売り切れが出るほど人気だったのである程度ユーザはいると思うのだが。

 

iphone5時代に使っていたのはrifle paperのケース

rifle paperはニューヨークのペーパーアイテムのブランドで、ポストカードのデザインとかとんでもなくかわいい。

店舗では伊東屋とかで取り扱いあり。

 

初代。ハローハローって書いてある電話耳にかざして話してたらかわいくないですか。

 

2代目。これもかわいい。機種の色がブラックだったのでよく映えるし目立つし可愛かった。

 

 

 

他に同時期に発売されていたものではこんなのやこんなのも。他に花柄などもあって大変かわいい。

好きすぎてため息が出る。

 

しかし今やrifle paperのサイトではSE用のケースは1種類しか売っていないし、

7用の最新のデザインもあまりときめかないなぁ。

https://riflepaperco.com/shop/phone-cases/

 

 

あと、似たようなデザインでsonixもありますね。

しかし同様SEのケースは少ない。

https://www.shopsonix.com/cases.html

 

 

2017年の今、それなりにいいかもと思え、かつ取り扱いがあるiphoneSE用ケースがあるサイトは以下

 

1. unicase

スマホアクセサリー専門店。都内に店舗も数店あり。

https://unicase.jp/iphone/iPhoneSE/case/?input_order=1

 

ありかもしれないと思ったのはこの辺り


 

花柄のケースはこちらのサイトで詳しくプレビューが見れる。

https://collaborn.com/list/?kishu=93&brand=37

 

しかし花柄はやや安っぽい感じになりそうだし、白の革っぽい感じは汚れそうだし購入に至らず。

どれも売れ残り感漂うし。

 

 

2. FUDGE iPhone goods store

雑誌FUDGEのipnoheケースグッズのストア。ファッション誌だけあり、良さげなのがある。

SE用に新作も出してくれているところが大変好印象。

他のサイトで売れ残り的な感じで出されているのが多い中、ここだけは今後も出してくれるのではないかと

思えるSEユーザには希望の光のサイト。どうか今後もSE用ケースを出してくれますように。

http://www.iphonemag.jp/fs/ipms/c/iphonese_case

 

ということで感謝の気持ちを込めてこちらを購入。シンプルで可愛いんじゃないかと。

 

 

3. amazon

アマゾンですから、種類はたくさんある。が、欲しいと思えるのはあまりない。

あえて言えばこの辺りはアリかなと思ったのは、下のもの。

木はいいと思うのだけど、薄くてかつ細かいところでデザインされているものと思って探すと中々ない。

 

ミニマルな暮らしを学ぶ

シブヤ大学の授業に行ってみた。

 

何を捨て何を残す?ミニマルで豊かな暮らし
日時 : 2016年9月17日(土)14:00〜16:30
教室 教室 : 幡ヶ谷社会教育館
先生 : malzack [ ミニマリスト ]

 

参加者30〜40名といったところで、30代くらいの女性が多いような印象。

途中グループワーク的が入り、どんな方が参加しているのかを知れて楽しかった。

 

興味深かったのが「断捨離」「ミニマリスト」「ときめく片付け」などの違いは何なのかということ。

講師のmalzackさんは6種類にまとめていた。

この6種類、並列に並べられていたが系統ごとに分類できるような気がして自分なりに図にしてみた。

 

自分は今「暮らし上手」エリアにいるけど、本当は仕事も含めてスッキリさせて「スローライフ」に

行きたいなぁ、などと考えて楽しむことができる。

 

他、印象に残ったのが小池龍之介「貧乏入門」から引用して説明されていた

・所有しているということは、自分の脳のメモリーを使っている

・所有していること自体がストレスになる

ということ。

 

モノをしまって目の前から見えなくするだけでは結局自分からはなれ切れていないわけで、

所有しなくすることが必要。

PCに保存してあるデータだって場所は取らないが自分の脳のメモリーを圧迫している。

 

無駄な所有物を削ぎとって洗練させていくという作業はモノやデータだけではなく、体や心にも言えることで

様々な方面から自分を磨いていくことができそうだと思った。

 

 

授業の中身もそうだけど、たまにこうやって外に学びに行くのはいいことだ。

いつもと違う脳を使って知識が活性化される。

 

評価:
小池 龍之介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,512
(2009-12-20)
コメント:後で読む

夏休みの自由研究:日除け

そういえば石垣島に行った際、気持ちよさそうに日除けが張ってある家を多く見かけた。

さすが南国、太陽との付き合い方が上手いに違いない。

 

とあるカフェのバルコニー

海風になびく日除け。ホワイトが似合っている。

 

とある農園の庭。木の支えが立派で落ち着く。

 

 

とあるフルーツ園の裏庭

写真を撮っていなかったが、

左側の奥に少し見える、ヤシの木の間に茶色いタープを張っているもの。

 

写真は撮っていないが、一般のお宅でもいい張り方をしているところがたくさんあった。

 

もっと広い場所に日除けを張りたいという欲がもくもくと湧いている。

広いベランダか広い庭、いつか。

リビングの幸福感

とにかく、家にいるのが好きだ。

 

朝目覚めてベッドから見えるリビングが、カーテンからの木漏れ日で明るくなっている。

帆布のカーテンが朝日で暖かい色に染まっている。

グレーの椅子にベビーピンクのカーディガンがかかっている。

 

朝ごはんにキウイを載せる小さい小皿。

トーストの上のバターの溶けた跡。

 

大きな木のテーブルに当たる光。

9月の涼しくなった風が通る。

脇の窓から見えるヤシの木と隣の古いアパートの窓飾り。

 

緑が見えて風が通り光が当たる場所であれば、どこでも気持ちいい場所になると思う。

 

 

そんな気持ちにさせてくれた、キウイを載せる小さい小皿。

先日青山の国連大学前のマーケットで買った。

日本製の海外輸出用のデッドストックとのこと。

やや野暮ったいところが、気取っていなくていい。

 

 

いつもやや足りないくらいに、ものを揃えていきたい。

買いすぎないように、欲で溢れたような戸棚にならないように。

 

夏の川村美術館行ってきた

お盆休み、千葉県佐倉市の川村記念美術館に行ってきた。

ジブリに出てきそうな円柱形の塔と屋根があるかわいい建物。

褒めすぎるとどこかヨーロッパの片田舎にでも来たような雰囲気。

 

展示では、西川勝人を知った。白い作品が森に映えていて綺麗だった。

 

庭園は、真夏だからか非常に空いていて、芝生の広場を独り占めできた。

やや気温が落ち着いている日ということもあって、森から抜けてくる風が気持ち良い。

蝉のかなかな鳴く声を聞きながら転がって気持ち良かった。

芝生もふもふ。

 

 

ちょっとした非日常へのワープができたのでした。

 

 

ベランダに日除けを張る

 

たまに行く北新宿図書館は、閲覧席の壁一面が大きな窓になっており、隣の公園の鬱蒼とした緑が切り取られてとても気持ちいい。

ある日行ってみると、夏になったからか窓越しに黒い日除けが張ってあった。

それが強い日を避けながらも緑の影を映しとても綺麗で、涼しげだった。

日除けっていいなあ。

 

我が借家のリビングは東と南に面したL字型のバルコニーがあり、日がさんさんと差しこむ。

冬は大変暖かく気持ちいいが、夏は辛い。

日差しで部屋が暑くなるのは、バルコニーや外壁が太陽光で熱せられるからである。

遮光カーテン等で窓から入る日を遮っても効果が薄いとのこと。ベランダ自体に日が当たらないようにしなければならない。

よし、日除けだ。

 

うちのマンションのバルコニーは天井に何かを吊るすことができそうな場所はなく、釘も打てないため

ベランダ用つっぱり棒を立て、シェードにフック掛けて張ることにした。

 

つっぱり棒はアマゾンで購入。棒に取り付けられるフックが付いてくる。

日除けのシェードは見栄えを考えて農業用の黒いものではなく、ブラウンに。生地がしっかりしているし、それほど高くない。

シェードに取り付けるクリップも購入。

全長6mのシェードで、3mおきにつっぱり棒を立てればたゆまずに安定した。

 

結果、大変涼しげになりました。目隠しにもなって一石二鳥。

 

 

取り付け部分

 

裾もフックで引っ掛けて風になびかないように

 

費用は15,000円かからない程度。

取り付けも簡単。

 

暮らしを快適にする工夫は楽しい。

 

評価:
---
伸縮式エクステリアポール
¥ 2,980
()
コメント:お手頃かつデザインもギリギリ許せる。ちゃんと使える。

評価:
---
クラーク
¥ 376
()
コメント:パチンと止めればいいだけで簡単。

バスクリネン


found MUJIで買ったテーブルランナー

「ARTIGA」社のバスクリネン

7本のラインはバスクの7つの地方を表す伝統の柄とのこと。

 



 

行ってみたい、バスク。

 

 

 

今日の洗濯

今日は洗濯日和。

洗濯機に放り込んでみたけど全く問題なし。


無印のインド綿ルームサンダル

living room

38平米、1LDKのマイルーム。

 

9畳のリビングはソファとダイニングテーブルを入れるには狭すぎて、

思い切って大きいダイニングテーブルだけ入れようと話し合った。
 

無垢の木のテーブルで、天板がしっかりしたもの。

板目が綺麗なもの。15年後でも使いたいと思えるもの。と思って何軒も回った回った。

 

結果買った150センチのダイニングテーブルはリビングを占領。

でも、他にモノを置けなくなって逆にスッキリしたんじゃないかと思う。

仕事もご飯もくつろぐのもここで、不便ない。

 


 

テーブルはkarfの(http://www.karf-onlinestore.com/?pid=95829601

チェアはボーエ・モーエンセンのJ49と、emecoのNAVY CHAIR

 

くらしの中の無印良品

 

 

インド綿ルームサンダル。涼しくて快適。
 

 

 

 

found MUJIのランチョンマット。正方形なところがいい。
 

 

濃いブラウンのランチョンマットも無印の定番商品
 

 

12345>|next>>
pagetop